白川郷ヒト大学的@石徹白遠足(2018/8/5)

6/22に開催されたヒト大の読書会での選書「自由に生きていいんだよ」の文中で語られていた同じ県内の石徹白集落へ遠足に行きます。白川村と同じく豪雪地帯の小さな集落にもかかわらず、長い間、地域あるいは文化を大事に受け継いできた地域住民が”よそもの”である移住者を受け入れ、今では人口の2割が移住者となっているとのこと。地域住民と移住者が手を取り合って、小水力発電所を作り、集落内の電気を全てまかなうなど、地域を舞台にした様々な取り組みに全国的に注目が集まっています。今回は学長の友人である石徹白集落のキーマンの一人で文中で紹介されている平野さんのご厚意により、お話&ご案内頂けることになりました。
 
【場所】郡上市石徹白集落
【定員】10名程度
【参加資格】参加したいヒトはどなたでも
【参加費】大人1000円(子供は無料)
 ※参加費は全て、当日ご案内頂く平野さんへのお志とさせて頂きます
【スケジュール】
 10:30 石徹白洋品店(平野さんとの対話+WS見学)
 12:00 Magoemonランチ
 13:00 集落内散策
 14:00 終了
 
【その他】
 ・白川村メンバーについては参加者が決定次第、乗り合わせ等を
  検討します(※現地合流も可)
 ・昼食の予約をしますので、参加表明は確実にお願いします