秋の一斉茅刈りとポッキー合掌製作合宿

(※茅かりイベントの定員に達した時点で募集は締め切りますのでお急ぎください!)

白川村は茅葺きの合掌造り集落が有名な世界遺産のある村です。
そんな茅葺き屋根の原料となる茅を刈る恒例イベントが行われます。その名は「秋の一斉茅刈り」です。今年は11月10日に開催を予定しています。
茅を一人で刈れる量は雀の涙ほど。
人数がいればいるほど、多くの茅を刈ることが出来るので、沢山の参加者に参加してもらいたいイベントです。ちなみに11月11日はポッキーの日です。

茅かりイベントとポッキーの日に勝手に乗っかって、白川郷ヒト大学的に解釈した秋の白川村体験がこちら。「秋の一斉茅刈りとポッキー合掌製作合宿」

 

1日目は茅かり当日の集合時間が早いため、前泊も兼ねて、滞在予定のゲストハウスオーナーによる夕食会「たろえもキッチン」を開催。下記リンクが前回のたろえもキッチンの様子。

 

2日目は、11/10,11開催「われらが紡ぐ 白川郷かややねプロジェクト~秋の一斉茅刈り~」の初日に参加し、地域住民と語らう直会にヒト大メンバーと一緒に参加。

一昨年の茅かりイベント当日の様子。美しい紅葉と青空の下、茅束を作る参加者の様子

 

3日目は、ポッキー合掌の生みの親である大学生の高野さんを講師に迎えて、ポッキーの日に白川村の合掌造りをポッキーを使って製作するワークショップを開催。

ポッキーで作られた合掌造りと奥に見える実物の合掌造り

 

秋風そよぐ白川村での特別な2泊3日体験。
皆さんのお越しをお待ちしています!

– 申し込み期限 –
10月12日(金)〜18:00

– スケジュール –

<9日(金)>
18:00 元海上自衛隊シェフによる「たろえもキッチン」スタート
21:00 終了予定
(※早く着いた方は掛け流し温泉入浴や白川村散策を楽しんでください。個別相談で白川村案内も出来ますよ!)

<10日(土)>
9:00 茅刈り集合
12:00 お昼ご飯
13:00 茅刈り作業再開
17:00 直会(お疲れ様会)
20:00 終了予定

<11日(日)>
10:00 ポッキー合掌製作ワークショップ
15:00 終了(※帰りの交通手段状況により、途中抜け可能。応相談)

– 宿泊場所 –
白川郷のゲストハウス たろえも

– 定員 –
7名

– 体験費用 –
2泊3日 お1人様 1万2千円
<ゲストハウス宿泊2泊・1日目夕食(2日目夕食は茅かり後の食事会有)・茅刈り体験・保険代込み・ワークショップ材料費等込み>

– 申し込みはこちらから –
https://peatix.com/event/431905/view

– 注意事項 –
2日目の茅刈りイベントの申し込みについては、ヒト大事務局からまとめて行いますので、本申し込みが完了していればOKです

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

– 茅刈りイベント概要 –

白川村の茅の自給を目指して、白川村と(公財)日本ナショナルトラストが協働で立ち上げたプロジェクト「われらが紡ぐ 白川郷かややねプロジェクト~秋の一斉茅刈り~」。
合掌造りの屋根材として使われる大切な材料「茅」を、白川村の方々と一緒に刈りとります。
東京にて開催してきた茅文化を掘り下げる「かややね会議」から生まれた本企画は、白川村の茅のことや、合掌家屋、豊かな自然、文化、暮らしの話を、地元の方に教えていただくチャンス!普段の観光だけでは体験できないプログラムです。

<持ち物>
合羽もしくはヤッケ(茅についた朝露で衣服が濡れます。)
動きやすい靴(長靴推奨)
帽子
軍手
タオル
水分補給飲料

防寒・防水対策を十分に行いご参加ください。山間部のため冷え込みます。

<主催>
白川郷荻町集落の自然環境を守る会

<共催>
白川村、白川村教育委員会、白川村合掌家屋保存組合
(一財)世界遺産白川郷合掌造り保存財団
(公財)日本ナショナルトラスト