岐阜住学活動報告会「みんなの、それぞれの2ヶ月」【2022夏組】

岐阜住学というプロジェクトで県内市町村に大学生が長期(2ヶ月)インターンに来てくれています。 白川村・高山市・美濃市に滞在していた学生達から、それぞれの2ヶ月の滞在の様子を報告してもらおうと思います。 都心から岐阜に来た

続きを読む

岐阜住学2022 受け入れ地域紹介⑦「美濃市」

美濃市はちょうど岐阜県の真ん中にある人口2万人の小さな町で、日本三大清流の一つ長良川や、緑の山々に囲まれた自然豊かな土地です。 1300年の歴史がある手漉き和紙「美濃和紙」で栄えた町で、伝統文化や工芸が今でも色濃く受け継

続きを読む

岐阜住学2022 受け入れ地域紹介⑥「下呂市」

下呂市上原(かみはら)地域は、下呂温泉街から車で約20分ほど南下したところにある農村集落です。人口はおよそ1100人、高齢化が進む地域ではありますが、近所の人同士が助け合って暮らし、お祭りや地域行事、近年は地域づくりや地

続きを読む

岐阜住学2022 受け入れ地域紹介⑤「飛騨市」その2

飛騨市は、今なお伝統的な古い町並と地域の日常の暮らしが一体となって残る町です。春には川沿いに咲き誇る桜、夏には青々とした草木、秋には山いっぱいに広がる紅葉、冬にはしんしんと降る雪と、四季折々の景色を楽しめます。また、日本

続きを読む

岐阜住学2022 受け入れ地域紹介④「郡上市石徹白」

岐阜県郡上市 石徹白(いとしろ)は、霊峰白山の南麓、標高約700mに位置する、縄文時代から続く小さな集落。 冬はしんしんと雪が降り積もり、夏はキンキンの冷たい雪解け水が川にせせらぐ土地です。 石徹白の人口は約200名程度

続きを読む

岐阜住学2022 受け入れ地域紹介③「飛騨市」その1

飛騨市(ひだし)は、岐阜県の最北端に位置する市。 市の北側は富山県と接しています。周囲は3,000mを越える北アルプスや飛騨山脈などの山々に囲まれ、総面積の約93%を森林が占めています。四季の移り変わりを肌で感じることが

続きを読む

岐阜住学で白川郷の文化を探求する”さきちゃん”

こんにちは! 2021年10月末より白川郷ヒト大学さんでインターンを始めました武蔵野美術大学大学院修士1年の平田藍莉と申します!今回は、「岐阜住学」というプログラムに参加している学生さんと一緒に生活しながら取材をして発信

続きを読む

地域に住みながら、大学で学び、そして地域を学ぶ「岐阜住学」

こんにちは! 2021年10月末より白川郷ヒト大学さんでインターンを始めました武蔵野美術大学大学院修士1年の平田藍莉と申します!今回は、「岐阜住学」というプログラムに参加している学生さんと一緒に生活しながら取材をして発信

続きを読む

「どぶろく」が繋ぐ皆さんとの絆

はじめに 初めまして、ゾネスこと石本龍太郎です。   今回は一般社団法人ホワイエさんのインターン生として白川村に2週間ちょっと滞在しておりました。 人生最大級に濃ゆ~い2週間となった村内生活を語らせていただきま

続きを読む

学長ブログ:ぎふっていいとも!が始まります

早いもんで気がつけばもう11月ですね。 振り返るとコロナ禍により、白川郷ヒト大学でも毎年好評だった「面白く生きる合宿」や「ローカルワーク編集合宿」などのリアルの場が全然作れない、そしてインターンの受け入れも積極的に行えな

続きを読む

司書課程の学生さんにゲストスピーカーとして授業を行いました。

先日、母校東海大学の司書課程の授業で、ゲストスピーカーを務めました。 初、ゲストスピーカーです。緊張しました。 授業を迎えるまで 「自分と向き合い、悩む」 もともと、司書課程の授業に参加したいなと思っていて(もちろん聴講

続きを読む