”12/7開催”清流の国ぎふ暮らしセミナー「飛騨で面白く起業する」

白川郷ヒト大学の面白くシリーズのセミナー版を下記の日程にて開催決定しました!!

柴原
本イベントの主催は岐阜県。清流の国ぎふ暮らしセミナーと題して、テーマ毎に県内各地の実践者をゲストに呼んで、開催しています。今回は白川郷ヒト大学 presentsという事で、飛騨エリアに数多いる実践者の中で下呂市で活動するお二人を招いて参加者と共に彼らの話にじっくり耳を傾けてみたいなと思います。
僕もファシリテーターとして、当日の進行をお手伝いさせてもらいます!

 

日時

2019年12月7日(土)13:30〜15:30

場所

visions lounge umeda
大阪府大阪市北区芝田1-1-4 阪急ターミナルビル 7F

定員

20名(予約優先)

※イベント申し込みページはこちら

参加費

無料

ゲスト

中桐 由起子氏 ( 古民家ゲストハウス・ソラノイエ オーナー )

1982年、岐阜県各務原市出身。多摩美術大学に進学後、都内のTV-CM制作会社に約7年勤務。退社後、渡豪し2年間のフリー生活を経て2014年春より下呂市地域おこし協力隊に着任。任期終了後も下呂市上原地域を拠点とし、古民家を改修してオープンした「ソラノイエ 農村滞在型の宿」を運営しながら、地域PRの仕事などを行う。

 

 

中村 宙樹氏 ( 下呂市上原 地域おこし協力隊 料理担当 )

自転車でユーラシア大陸を横断したイタリアン出身の料理人、でカレーおたく。また、「無国籍料理店 宙」でオーナーシェフも勤めていた。地賛地笑と百笑一起の精神で古民家を改修したお惣菜屋さん開業を目指す。また、下呂市の祭りと同級生から始まる地域おこしをテーマ掲げ参加するお祭り男としても活動。

 

 

ファシリテーター

柴原 孝治氏 ( 白川郷ヒト大学 学長 )

1979年生まれ、大阪出身。大学から北海道へ進学し、東京の大手通信会社へ就職。9年半後に、白川村地域おこし協力隊として、家族4人で白川村へ移住。現在は社団法人と古民家カフェの2足のわらじ生活をしながら、白川郷ヒト大学の学長として若者と地域のハブの役割を担う。
筑波大学院非常勤講師や清流の国ぎふ移住定住コンシェルジュも務める。

 

柴原
ゲストの中桐ちゃんには今年度3月に開催したローカルワーク編集合宿で動画制作の講師を、(中村)宙さんには今月の面白く生きる合宿での交流会の料理長としてヒト大学に関わってもらっています。
各分野で一流の二人がそれぞれ飛騨でどうやって起業する・したかのストーリーを聞くのが楽しみ!!

こんな人にオススメ

岐阜県や飛騨エリアでの暮らしに興味があるヒト
・就職・転職の節目などで、今後の働き方、生き方について考えているヒト

・パラレルキャリア、フリーランス、多足の草鞋、2拠点生活などに興味があるヒト
・ソーシャル大学、まちづくり、移住、地域活動、地域おこし協力隊などに興味があるヒト
・新たな挑戦を始めたいヒト
・面白いヒトと出会いたいヒト
・ヒト大学に関わりたいヒト

講師の話を一方的に聞くだけでなく、参加者交えて対話する時間もお楽しみに

今回ももれなく、すてきな人の繋がりが生まれることを楽しみに、皆さんのお越しをお待ちしています!!

※イベント申し込みページはこちら