白川郷!!秋の一斉茅かり&ポッキー合掌製作合宿レポート【前編】

白川村の取り組みである秋の一斉茅かりの参加者を増やすため、取り組んだ2泊3日の茅かり&ポッキー合掌製作合宿の模様をレポート。

まず、前編では3日目の最終日に行われたポッキー合掌の様子を先に紹介します。

ちなみにこの日は2018年11月11日でご存知ポッキープリッツの日ということでポッキーとプリッツを使って合掌を作りました。

冒頭、講師の学生から作り方の説明を受けます

 

京都女子大学の学生を中心に3チームに班分けを行いました。その後、白川村の人気撮影スポットの三連合掌をテーマに各班一つずつの合掌を作ることを学長から発表され、どの合掌を作るか合掌製作ドラフト会議をしました。

ドラフト会議第1巡で競合したのはセンターの合掌

 

ジャンケンの結果、無事に各班の作る合掌が決まり、早速、作業を開始します。まずは講師が事前に準備にしてくれた型紙に合わせて、各班ともに壁や屋根の各パーツを作っていきます。

 

もちろん、合間に美味しく頂きながら、会話を交わしながら。

今回接着にチョコレートを使ったため、必要に応じてチョコレートを湯煎で溶かしながら、作業すること二時間弱。いよいよ、作ったパーツ同士を組み立てていきます。

組み立ては慎重に!

細部までこだわりの製作!

班によっては上手く屋根が乗らないなど、問題も発生しつつ、どうやったら出来るか色々試行を重ねた後、ついに完成!

ポッキー合掌完成!!(正しくはポッキープリッツ合掌)

 

その後、実際に三連合掌の前に移動して、撮影会。

発案者で講師のうらら先生と

最後は皆で美味しく頂いて、楽しいワークショップは幕を閉じました。

 

今回、少人数ですがワークショップ形式でやってみて、運営の課題や製作の注意点なども把握出来た上、最も大切な参加者自体が(子供達も含め)楽しめるかどうかということも分かったので来年の茅かりではもっと大規模で村の子供達にも声かけてやれれば良いなと思ってます。展望台からの全景なんて作れたら面白いだろうなぁ。

皆さん、お疲れ様でした!!!!

 

来年はこの展望台から見える合掌集落の再現?!

レポート後半に続く・・・

白川郷!!秋の一斉茅かり&ポッキー合掌製作合宿レポート【後編】

2018.11.18