今宵はこれについて語り合おう vol.4 「地方公務員が人生について語らナイト」(2018/6/28)

白川郷ヒト大学がお送りする非定期フリートーク「今宵は〜」シリーズ。
毎回テーマを決めてお酒を片手に気ままに語るこの会も、4回目を迎えました。

今回のテーマは、「地方公務員が人生を語らナイト」。

白川村で公務員として働くヒトをゲストに、仕事についてどう考えているのか、人生についてどう捉えているのか、参加者同士で対話をしました。

人口1600人程の白川村にも、多様な働き方生き方考え方のヒトがいて、自分とは違う選択を重ねて生きてきた人が、どんな思いで今の人生を歩んでいるのか、話を聞く時間はやっぱり面白い!と感じた一夜でした。

ボイスレコーダーの収録時間は4時間近くあったのですが・・・(笑)

レポートは簡潔に、進行資料の項目を何点かかいつまんで書いていきますね。

まずは自己紹介とアイスブレイク

最近1番幸せだったことは何ですか?

会社員 女性
最近、毎日のように川で泳いで、昼はBBQをする生活をしていて、幸せだなと思います。
公務員 女性
次の飲み会の予定が沢山入って来たのが幸せ!
公務員 男性
最近やっと部屋にエアコンがつきました!これで思う存分ゲームができるので嬉しいです。
学長 柴原
最近周りの人から「顔つき優しくなったね」と言われることが増えて、多分昔よりだいぶ自分の好きなことだけして生きれるようになって来たんだと感じます。だから、日常が割と幸せかなあ
副学長 鳥原
転職したばかりなんですが、念願の接客業に就けて、もちろん大変なこともあるけど毎日幸せだなと感じてます。
会社員 男性
いいねいいね、めっちゃよかったじゃん。俺もみんなと一緒で、毎日幸せだなと思う。ただ最近転勤の内示が出てしまって、白川におれんくなるかもしれんのだけは不幸だなと思っとるところ。
公務員 男性
僕は、最近朝走っとるんですけど、キッツイ坂道を自己ベストで走れたのが嬉しかったですね。
前盛
いいですね〜皆さんありがとうございます。それでは早速、毎回はじめに確認している「今宵は」ナイトのルール

・人の言葉に耳を傾ける

・自分と異なる意見を否定しない

・対話を楽しむ

の3つを確認してから、今日のテーマに入っていきましょう。

「公務員が人生について語らナイト」スタート!

議題① そもそも、なんで公務員になったの?

公務員 男性
俺は、高校から10年くらい村を離れてたんやけど、父が亡くなって家を継がんなんことになって村に帰ってきたのがキッカケ。前職はアパレル系で全然違う業種だったけど、村で働くとなったら選択肢は凄く少なくて。それで、親に役場を勧められて受けました。地方公務員はブラックやと噂は聞いとったけど、本当のところは知らんまま勢いで(笑)
公務員 女性
私は、「こういう理由でなった」ってわけじゃなくて、自然の流れやな。本当は村を出てやりたい仕事があったんやけど、当時は体があまり強くなかったのもあって、親に止められて。役場は勧められたから何となく入ったんだけど、気づいたらもう30年近くなるね。
男性

僕は高校大学と海外に留学しとって、大学卒業の時に声をかけてくれた現地の企業に就職しようかと思ってたんです。永住権もとれそうやったし。ただ、そんな時に親から連絡があって、「お前そろそろ村に帰ってこや」と言われて。

うーんと思っとったんだけど「取り敢えずまずは帰省がてら一旦帰って来て話しよう」と言われ、飛行機乗って村に帰って来て、その期間に実家の畑の手伝いやら田んぼの稲刈りやらしたら、草の匂いや山の景色に、しみじみ良いなあと思って。こっちも良いかもしれん、と感じて、役場の試験を受けたんです。

それからも色々すったもんだあったんやけど、最終的にはやっぱり役場に落ち着いて。もう7年目です。

柴原
あれだね、役場に入ってる人たちは、親御さんがちゃんと「帰ってこい」って言ってるね。みんな親御さんからの「とりあえず受けてみろ」の言葉がきっかけになってるもんね。「帰ってこい」ってなかなか子どもに言いづらい言葉な気がしてたけど、しっかり伝えてる家は後継ぎがちゃんと帰ってきてるもんなんだね。

議題② 実際どうですか?福利厚生とか給料とか、公務員は職業として本当に「安定」なの?

公務員
うーん。昔、私が就職したバブルの時代は、周りよりも凄く給料が低かったしブラックやったけど、今は随分いい風になったなと感じるよ。システムが便利になって事務の手間が省けたとこもあると思うし。今で24時過ぎまで仕事してたら「お前が甲斐性ないんやろ」って言われるようになったし、みんな日中にきちんと終わらせて帰るような空気が出て来たしね。
公務員
俺は白川に帰って来てからも色々な職場で働いた経験があるけど、やっぱり行政の「給料が安定してる」って点は、とっても魅力だなと思います。観光業とかはどうしても収入に波があるし、忙しい時は家族との時間なんて持てんし、暇なときは本当に暇で、やっぱり不安はずっとあったから。
公務員
確かに。俺はまだ役場入ったばっかだから収入は少ないけど、安定してるっていう安心感はあるよね。粘り強く長年続ければちゃんとご褒美もあるし。ただ俺みたいな若造にとっては、給料に見合わんような責任を1人で持たされたり、プレッシャーを与えられたりするのは、しんどく感じたりもするなあ。人手不足なのは分かってるけどさ。

議題③ 公務員をしていてよかった面は?この仕事に就いたから「できるようになったこと」「卓越した能力」ってどんなことがありますか

公務員

私は昔から人と話すのが苦手で、一時期は精神的に辛い時があったんやけど、役場で働いていたことで色々な人が心配してくれて支えてくれて、仕事を通して沢山の人とコミュニケーションをとれるようになったの。

そのおかげで今の元気な私があるし、多くの村の人と仲良くなるきっかけをもらったと思ってる。そういう意味で、私は役場で働くことはプラスだったと思ってるよ。

公務員
俺が良かったと思うのは、司会業がうまくなったことかな。今まで堅い場での進行役とかめっちゃ苦手意識あったんやけど、村では結構人前で話す能力が必須なんで、そこに慣れることができたのは役場の仕事のおかげやなあと。
公務員
そうやね、話すのも書くのも、場慣れする感じはある。伺い書の特殊な言葉遣いとかも上手いこと使えるようになるよね。あとは、事業名とか施設名とかに堅苦しい名前をつけるのが上手くなるよね。青年なんちゃら実行委員会とか新規なんちゃ会館とか漢字10文字くらい並ぶやつ(笑)
公務員
村役場なんかまだ日本語やでいいんやさ!お国さんなんかは最近カッコつけてカタカナばっかりで分からんから、言葉の意味から調べんなんで大変やよ(笑)
公務員
漢字でもカタカナでも難しいなら、もう「まじ卍」とかでいいんじゃない(笑)

議題④ 公務員の難しさは?

公務員
規律の厳しさかな。これは企業も同じなのかも知らんけど、国・県・村でそれぞれの決まりごとが多くて、新しいことを企画として通すのが難しい。
公務員
うんうん。これも行政だけではないかも知らんけど、国から指示して来ることと、現場で起こっている課題のギャップを調整するのが大変だったり、自分が心込めて立ち上げたプロジェクトが形になる頃に担当が変わってしまって、自分の手の中で最後を見届けられないのも虚しくなるかな。

あと、お偉いさんの挨拶内容の大枠を纏めて渡したところ、その挨拶の最後で「〜と、担当が言っておりました」って言われた時、内心「はああ〜!?」ってなった(笑)

公務員
分かる分かる。あと、上の世代が経験して来た苦労を、改善しないまま下の世代でも繰り返してる感じは、よくないなと思う。

私は、よくない仕組みがあったら次の担当にはいい形に変えて引き継ぎたいと思うし、県のため・国のためではなく村民のために働くことを忘れないでいようといつも思ってるんだけど、それでもやっぱり役場全体の、長年はびこってきた習慣みたいなのを変えるのは難しいなと日々感じるよ。

議題⑤「公務員2.0」とは?新時代の公務員ってどんなものだろう?何がアップデートされると思う?

公務員

きっと行政は全部ロボットになるね!今私たちがやってる事務系の業務は全部ロボットにできちゃうもん!そっちの方が正確だと思うし。ただ、対ヒトじゃなきゃできない窓口業務だけは残ると思う。苦情聞くとか、相談聞くとか、話すことだけは人にしかできないけど、それ以外はオートメーションに変わって行くだろうね。

公務員

俺もそう思う。むしろ自分が定年するまでに、この仕事なくならないかなって思ってたりもする。そうなった時にやりたいことを妄想したりもするもんね。そっちの妄想の方が楽しかったりもするし。

会社員
私も、知り合いのまだ若い公務員の子が「行政って退職金こんだけ貰えるんだぜ!いいだろ〜」みたいなこと話してて、あほやなあって思ったよ。

議題⑥ 現場の公務員が考える「飛び出す公務員」のイメージはどんな感じ?型にはまらない、上に従わない、グレーな存在のイメージ?

公務員
言いたい意見をきちんと上に伝えられる異端児で、でもちゃんと結果を残す人ってイメージやなあ。村にはあんまりいないタイプ?(笑)
公務員
そやなあ。公務員は、上に褒められても全然嬉しくなくて、村民にありがとうと言って貰えるのが1番嬉しいもんだから、伝えるべき言葉は恐れずきちんと上司に言うべきやよな。究極、自分から「降りる」と言わん限りは、首切られることもない職やしなあ。
柴原
そこですよね!1番の謎は。公務員が安定と言われる大きな理由として、首を切られないってとこにあると思うんですけど、行政の人たち見てると、みんな不満抱えつつも結構従順に働いていてさ。なんでもっと自分たちの働く場所を良くしようとか、古い体制を改善しようとか、せんのやろうと昔からは思ってた。だからこそ、できん理由を個人はどう思ってるかいつか聞いてみたかったんです。
前盛
ではその問いをふまえて、次のテーマに行きましょう。(もうちょっとで終わりなんで、皆さん頑張ってついてきてね!)

議題⑦ 何が良くなったら、公務員の働き方は良くなる?

公務員

直接の答えにはならないかもしれないんですけど、昨夜「そして父になる」の映画を見て、仕事って、人生の一部でしかないなと改めて思いました。俺、嫁さんと喧嘩した日の仕事の効率がめっちゃ悪くて。きっと、仕事も暮らしも、どっちも充実できた時に初めて幸せになれるんだと思うんです。どっちかだけ頑張っても、どっちか一方でちゃんと心を込められてなければ満たされないだろうし。

そう言うバランス感覚が、行政の中でも共有できたらいいなと思うんですけど、そうはいかなくて。なんだか、偏った心身不健全な働き方に感じることがあるんですよね。どうしたら良くできるのかは、まだ個人レベルでしか考えられてないですね。

公務員
うん。なかなか今までの思考や体制は変えるというのはハードルがやっぱり高いと思う。急には難しいけど、先々で変えて行くためにも、将来の課長世代になる有能な若者をもっと積極的に採用していけばいいのにとは思う。新卒の何も分からん若い子ばかり採り続けるんじゃなく、経験のある中途の能力ある人をどんどん入れていったらいいのにって。
公務員

確かにね。「どうやったらより良くできるんだろう?」って、自分なりの方法を探して挑戦を続けられる人、トライアンドエラーを自分の力で繰り返せる人を、もっと増やして行くことが大事だね。

部署によっては個人商店のところも多くて、相談するという文化がないから煮詰まってしまったりするんだけど、「参った」も「コケた」も有りだから、とにかく止まらずに挑戦を続けることが大事なんやぞっていう空気や土壌を、俺らが育てなきゃいかんよね。

議題⑧ 現役公務員が憧れる仕事は?

公務員
私は「その日暮らし」やな!自給自足的な農的な暮らしをして、自分の手の届く範囲だけで生きていくのはずっと憧れ。確かに成城石井とか美味しいけどさ、ピザもタバスコも好きだけどさ(笑)そんなにアクセク働かずに、のんびり川で魚釣って、山で山菜採って、自然の中で生きていけたら幸せ。
鳥原
山菜も採ったり、野菜も自分で作ってるし、やろうと思えばすぐできそうですよね?
柴原
でも自給自足の暮らしって1人でやるのは大変やん。この間の「自由に生きていいんだよ」ナイトの時にでた話と一緒だけど、それぞれ得意分野で役割分担して、みんなで物々交換する方が効率的だから、そうなるとやっぱり、最後は自然と村づくりみたいな話になるね。
会社員
確かに。単純にさ、村の暮らしは草刈りとか田んぼの手入れとか、自分に向き合う時間というか、静かな時間が多くて、それはなんか心身ともに気持ちいい感じがするよね。
公務員
俺は、公務員をずっとやってきた中で「ああこの人の仕事やりたいな!」って思ったのは、正直に「地域おこし協力隊」やな。なんか協力隊メンバーに会った時、「この人たちおもろいな!!」って衝撃を受けて。

もしも今「石垣島の協力隊やっといで」と言われたら、なんのためらいもなく行くね!笑 1つの地域に密着して、しがらみもなく、人の暮らしを良くする仕事っていいよね。

議題⑨ 今日の感想を一言

公務員
こんな風に人生の話や、自分の選択を振り返る機会ってなかなか無いんで、いい時間過ごさせてもらいました。楽しかったです。
公務員

最近こうやって仕事について人から意見をもらうことも少なかったんで、貴重やなあと感じました。

消防とか、地域のコミュニティだと、たまに飲みの席で「役場は税金も取ってくくせに、家族との時間もとるんか」みたいなことを笑い話で言われたりもして。こんだけ小さな村やと、妬みや恨みなくフラットに仕事の話ってしづらいから、今日楽しかったです。

今は目の前の自分ができることをコツコツやって、ちょっとずつでも仲間を増やして環境を良くしていけたらいいなと思います。頑張ります!

(一同から拍手と「頑張れ〜!」の声が。)

会社員
今日初めて出会う人が何人かおって、飲んべえ友達が増えたのが嬉しいです。同じ村に暮らしてても、なかなか新しい出会いってないもんだから、こういう色んな人が集まる場があるのは楽しいな。
公務員
今夜話してて思ったけど、こうやって「一緒に頑張ろうな」って言い合って肩を組める後輩たちが職場にいるのは幸せなことだなと思うし、こんな若い子達が入って来てくれるんだから、まだまだ役場も捨てたもんじゃ無いなと思うんよ。私も、自分の出来る範囲でコツコツ頑張り続けようと思う。楽しい時間をありがとう!
会社員
公務員って自分とは遠い存在だったけど、世の中を回してくれている仕事、「誰かのため」が最優先の仕事、責任感と忍耐力が必要な仕事、笑顔の裏で大変な仕事を務めてくれている人たちのリアルな姿を知れて、とっても勉強になりました。

この小さな地域で行政職をやるのってしんどさも凄くあるだろうから、単純に、皆さんが頑張ってる姿や葛藤してる姿も知って欲しいなと感じました。もっとお互いのことを話して歩み寄れる場が増えるといいのにね。

会社員
自分は、会社員で色々悩んでいるけど、公務員だろうと会社員だろうと根本的な働き方は大きく変わらないことが良く分かったし、苦労もしんどさも同じようにあるんだなと感じられました。結局全て、自分次第なんだなと、いい学びも得られました。ありがとうございました。
柴原
こういう、誰もが否定し合わずに、みんなが自分の言葉を喋れる場っていいなと今夜また改めて感じました。村にも、こうやって色んな種類の人が集まって、ポジティブな議論ができる場や、誰も傷つけない意見交換会がもっと増えて行ったらいいなと思ってて、今日みたいにみんなが優しい顔してる場を公務員同士でも持っていけたらいいんじゃないかな、と思ったりしました。いい時間をありがとうございました。
前盛
それではこの辺で一旦、中じめしましょう。皆さん今日は平日の夜に遅くまで、本当にありがとうございました!楽しい夜でした。

「それぞれの違いを面白がる」場として、近々「今宵は〜」第5回も開催するので、ぜひご参加ください。飲み足りない人はこの後もどうぞご自由に!

最後にヒト大ポーズで1枚!その後も熱い夜は遅くまで続いたそうな。

今宵はこれについて語り合おう vo.1

2018年4月25日

今宵はこれについて語り合おう vo.2

2018年5月17日

今宵はこれについて語り合おうvol.3(2018/6/22)

2018年6月26日