入園の春!白川村の保育園事情

初登場の野田です。

よろしくお願いします。

 

さて、みなさん。

春です。

DSC05638

 

 

春です!
DSC05626

 

春なんです!
DSC05634

 

白川村にも念願の春がやってきました!
DSC05631

 

ごらんの通り、春といっても白川村の春の始めは、まだ雪に覆われています。

 

 

 

白川村で暮らす前は、風が温かくなって花が咲き、

見るもの全てが優しい色に包まれた時に、春の暖かさを感じていました。

しかし、白川村で暮らすようになってからは、

冷たい雪に覆われていても、ほんの少しだけそれが解けて地面が顔を出すだけで

春の暖かさを感じるようになりました。

 

所変われば感じ方も変わるものですね。

 

 

娘の入園式

DSC05590

春といえば新生活のスタート!

我が家では娘が4月から保育園の年少さんになりました。

白川村の入園式は「桜」ではなく「雪」と一緒の少し寒そうな入園式です。

しかも、入園式当日はあいにくの雨・・・。

園庭にはまだ雪が残っていました。
DSC05575

 

まず、式のはじめに「村民憲章唱和」がありました。

白川村では式典や会議などの始まりには必ず「村民憲章唱和」をします。

これは白川村に来てビックリしたことの一つなのですが、

村の若者はみんなこの「白川村民憲章」を何も見ずにスラスラと暗唱できるのです。

(「白川村憲章」は昭和50年の制定なので、おじいさんおばあさん世代は暗唱はできない人もいます)

 

入園式でも年長・年中の園児たちが大きな声で唱和していて、本当にビックリしました。

私はこの村民憲章がとても好きです。

また、いつかこの「白川村憲章」について書きたいなあと思います。

 

次に、園長先生のあいさつなどがあり、新入園児の紹介!!

今年は15人の新入園児。

みんな元気にお返事できました。

娘も元気に「はーい」とお返事できたのでホッと胸を撫でおろしました。

 

白川村では1学年に1クラスしかないので、中学を卒業するまでずっと同じクラスで

ほぼ同じメンバーで過ごします。

(村内に2つ保育園があり小学校入学時にもう一つの保育園の子と合流したり、

警察や先生の子が転入したりすることがあります)
12年間、みんな仲良く元気よく助け合って、思い出もいーぱい作って

スクスク大きくなって欲しいです。
DSC05574

 

「白川村憲章」には私が好きなフレーズがあります。

”純朴な心を失わず 感謝の生活をします”

 

娘はもちろん白川っ子には、この「白川村憲章」が謳っているような子に

育っていって欲しいと思います。
元気にのびのび大きくなあれ!!

 

白川村の保育園事情

 

都会では待機児童の問題があるとききますが、白川村ではその心配はありません。

白川村は人口1700人足らずの小さな村ですが、なんと保育園が2つもあるんです。

大体1学年15人前後の決して大きな規模の保育園ではありませんが

未満児保育もありますし希望をだせば土曜日も預かってもらえたり

正式に入園しなくても登録しておけば保育してもらえる一時預かりの制度があります。

我が家は自営で自宅で働いているので、娘は年少まで入園しませんでしたが、

忙しいときは一時預かりを利用してとても助かりました。

小規模ながらもとても充実した内容の保育園だと思います。

そのおかげなのか(他にも様々な理由はとあると思うのですが、)

少子化と言われているこの時代に、白川村では子供が3人いる家庭が多いように感じます。

都会に比べたら、決して便利で快適ではないけれど、

子育てしやすい地域なのかもしれませんね。