資源を大切にしましょう。

こんにちは、柴原です。

いよいよ、年度末。せわしない日が続きますね。

本日は金曜日。

 

白川村の金曜日といえば、そう、リサイクルの日です。

リサイクルの日は燃えるゴミ以外のゴミを

村のリサイクルハウスに持ち込む事が出来ます。

 

白川村はゴミの分別が大変厳しいというのが個人的な感想。

大阪、札幌、東京、名古屋で生活してきた僕が言うのだから、

それなりに説得力あると思いませんか?

 

という訳で段ボールを廃棄がてら、リサイクルハウスへ行ってきたので、

今日はリサイクルハウスのレポートをしたいと思います。

白川村での暮らしぶりが垣間見れると思うので参考にしてくださいね。

 

Let’go リサイクルハウス!

村を縦断する国道156号線を世界遺産集落の荻町から少し南下した所に

リサイクルハウスの入口はあります。

ファイル 2017-03-31 13 48 19

多分、村外の方は気づかずに通りすぎます(笑)

僕も初めて村に来た頃は結構探しましたから。

 

国道を曲がって少し坂を上ると、リサイクルハウスの外観が見えてきます。

ファイル 2017-03-31 13 45 58

もう少し近づいてみます。

 

ファイル 2017-03-31 13 45 44

リサイクルハウスの木の看板が見えてきました。

 

リサイクルハウスでは持ち込んだ車ごと重量を測れます。

ファイル 2017-03-31 13 45 16

車でゆっくり建物内に進入し、鉄板の上に乗ることで測れるんですね。

リサイクルハウスの職員の指示に従い、ゴミの廃棄前後の重量を計測することで、

ゴミの重量を算出します。

 

続いて、建物内を見てみましょう!

ファイル 2017-03-31 13 42 35

容器包装やプラスチック、牛乳パックなどはこちらで分別して廃棄します。

 

ファイル 2017-03-31 13 42 58

ここでは缶とペットボトルの分別になります。ちなみに缶はアルミとスチールはもちろん分別します。

 

ファイル 2017-03-31 13 43 15

ここでは瓶や埋め立てゴミを分別します。ちなみに瓶は色によって3種類に分別します。白、緑、茶ですね。

 

ファイル 2017-03-31 13 43 31

新聞、古本、衣類はここですね。

 

続いて、建物外へ。車で建物の裏へ回るとこんな景色が現れます。

ファイル 2017-03-31 13 46 48

段ボール、布団などはこちらで捨てることができます。

 

ファイル 2017-03-31 13 46 37

木材、プラスチック製品などはこちらへ。

 

ファイル 2017-03-31 13 46 19

最後は金属、家電、金属つきの製品などに分別していきます。

ちなみにゴミの種類によっては重量ごとに廃棄料を取られるものがあります。

 

リサイクルハウスを初めてみた時に、車が並んで次々入っては出ていくさまを見て、

僕はマクドナルドのドライブスルーを思い出しました(笑)

 

 

また、意外な社交場としても機能しています。

待っている間に駐車場で村民同士が声を掛け合う様子はよく目撃しますし、

実際に僕も誰かに会うと話し込むことも少なくないからです。

さらには受付前にある黒板に欲しい物と名前を書いておくと、

リサイクルハウスから連絡を頂ける仕組みになってます。

 

ファイル 2017-03-31 13 48 01

資源を大切にしましょう。