岐阜住学生の日常 美濃市編④

こちらは白川郷ヒト大学が運営する「岐阜住学」参加者の暮らしの様子です。週に一回岐阜住学インスタグラム専用アカウントで発信してもらっていて、そちらを転載しています。

こんにちは、アヤノです!秋らしい季節になってきましたね🍁🍂

この間、名城大学の学生さんたちとうだつの上がる町並みの中にある空き古民家について調査を行いました!

このあたりは古くからの町並みが魅力ですが、一方で空き家となってしまっている家も多いんです。
電気メーターは動いているか、ガスは引かれているか、玄関先に牛乳配達の受け取りBOXが置いてあるか(!?)など、いくつかの見極めポイントをもとに町内の空き家の場所や数を調べました。
時には、近所の方に聞き込みをすることも…🚶‍♀️🚶‍♀️

「この家かっこいい!」「この空き家なら、どんなお店を入れようかな」など、妄想を膨らませながら街を歩くのがとても楽しかったです。
普段と違う見方で町を歩くと、普段見ている人気のない寂しいはずの空き家が、だんだんとお宝の眠るお城のように見えてきます。本当に。笑

この日は、9月らしからぬものすごい暑さの日でした🥵☀️🔥
川に入って涼む!という、美濃ならではの休憩もはさみつつ、調査を終えました。

名城大学の学生さんたちは、今回調べた事をもとに、空き家を利用したワークショップについて考えていくそうです。
どのようなものになるか楽しみですね!✊

#岐阜住学 #美濃 #美濃市 #うだつの上がる町並み #まちあるき #大学生 #地域暮らし #清流の国ぎふ #ぎふとつながるdx #ふふふぎふ