岐阜住学生の日常 白川村編③

こちらは白川郷ヒト大学が運営する「岐阜住学」参加者の暮らしの様子です。週に一回インスタグラム専用アカウントで発信してもらっていて、そちらを転載しています。

白川村滞在中、たてあいです。
今回はインターン先であるホワイエが管理している移住体験住宅「だいだいどころ」の掃除をお手伝い。

「建物の管理」というと、なるほどと理解してくれる人は多いけれど、具体的な管理のイメージは着いていないことが多いような気がします。
色んな業務があるなか、他の人の目に見える所は掃除や草取りなど一見地道で当たり前の作業。
だから、それが仕事なの?インターン業務なの?と思う人もいるかも。

実はたてあいは文化遺産をどうやって守るかということを専門として勉強しています。
物は人が手を加えないとすぐに壊れる、失われるというのは、文化財関連ではお決まりの話。

単純に人が手入れをしなくなるから。
想いをもつ人がいなくなるから。

それは民家でも一緒です。
この地道で当たり前の作業に大きな意味がある。
こうやって手入れをすることが管理のひとつであると、実感しました。

移住を考えるときに、それを体験できる所があるのはいいなと思います。
それを維持するためにはこうやってまめな手入れが必要なんですね。
これも大切な業務です。

素敵な家だったな~~

#岐阜住学 #岐阜県 #白川郷 #白川村 #移住体験 #インターン #学生 #大学院生