インターン生の日常 雪の少ない白川村編①

この冬も、たくさんの学生さんがワーキングホリデーで白川村に来てくれています!

今回は白川村で働く学生さんたちの様子をご紹介します。

【喫茶さとう】みさちゃん

みさちゃんは、白川村のヘビーリピーター。ヒト大の記事でもおなじみかもしれません。

なんと今回は留学の合間を縫って来てくれました。

仕事もすっかり慣れた様子。

事業者さんからも信頼され、ライトアップがある繁忙期も大活躍でした。

【喫茶さとう】みかちゃん

関西弁がとってもかわいい奈良県出身の20歳。

台湾に留学していたこともあり(みさちゃんの留学仲間)中国語を使った接客が印象的。

ワーホリは初参加でしたが

このワーホリ期間中に、次のワーホリを申し込んだとのこと。

白川村がとても楽しかったと言ってくれたことが

何よりも嬉しい一言でした。

【落人】けいちゃん

兵庫県出身けいちゃんは就職前の春休みを使って

白川村に来てくれました。

インドネシアに半年滞在したこともあるそうで、インドネシア語がペラペラです。

誰に対しても笑顔たくさんで

初めて出会ったお客さんともフランクに話していました。

事業者さんも認める元気印!また村に来るね、とお別れしました。

【てんから】ちなつちゃん

東京都出身の20歳。

ワーホリのことは大学の授業で知って申し込んでくれたそうです。

仕事の合間を縫って、学長にヒト大の活動を聞きに来てくれました。

大学の授業で地域に関することを勉強しているそう!

学長の話をたくさんメモしながら聞いていました。大学の課題の参考にするとのことなので

どんなレポートが出来上がったのか気になる…!(笑)

 

【白川保育園】花ちゃん

大学では、幼児教育の勉強をしているそう。

保育園の先生たちのお手伝いが主な業務です。

私が訪れた時は、ちょうど給食の後だったので

食堂をお掃除をしていたところでした。

「給食のメニューに書いてある一言がとても勉強になる」と

花ちゃんが教えてくれました。

司書 深田

「ドライカレーは海外にはない料理で、日本で考え出されたもの」

はじめて知った!

 

【白川郷の湯、道の駅】えみちゃん

京都府出身、今回のワーホリメンバーの中では最年少です。

道の駅は昼間、白川郷の湯は夜、ととっても働き者なえみちゃん。

休日にはよく私がいる図書室に遊びにきてくれます。

持って来たカメラを片手に村内を動き回っているそうです。

 

お休みの日にはルームメイトの事業者さんのところへ遊びに行ったり

みんなでおしゃべりしたり

いろんな方法で白川村を楽しんでくれているようです。

一瞬降った雪で雪だるま

お風呂あがりの一杯

お見送り

みんなで鍋を作りました

みんな、また白川村で会おうね。