はじめての図書室イベント①

みなさん、お元気ですか?
図書館担当、司書の深田です。

まず、はじめに。
全国で大雨の被害が相次いでいます。

先日、岐阜県は記録的な大雨で
お隣の高山や飛騨、同じ飛騨地域である下呂を含む岐阜県全体が
大きな被害を受けました。
テレビで見る映像でかなり心を痛めています。
これ以上大きな被害が出ないように、心の底から祈っています。

また、様々な方から心配の連絡をいただきました。
本当にありがとうございます。
白川村は氾濫レベルには至らずほっとしましたが
引き続き雨は続くみたいなので、油断は禁物です。

もうこれ以上、痛ましいことが起こりませんように。

はじめての図書室イベント

7月11日と12日に「図書室の初イベント」を行いました!
イベントレポートを書くつもりでしたが、
図書室についてちゃんと記事にしたことはなかったので、
イベントのことももちろん、イベントに至るまでのこともお話していきたいと思います。

私は白川村にある南部地区文化会館(通称NBK)の図書室の蔵書整理、活用を主な仕事として任せてもらっています。

私が村に来たときの記事はこちら。

仲間が増えました!

白川村には図書館がありませんが
本がないというわけではないんです。

文化財を多く有する白川村ならではの貴重な資料もたくさんあるし、
寄贈いただいた本もたくさんあるし、
なにより旧小学校の図書室がそのまま残っているというところで
図書室の整備をしようという計画が立ち上がりました。

整理し始めたのは2018年の夏でした

そんな話をし始めてから早2年。
ついにイベントをするところまで来ました。言葉には言い表せないくらい、嬉しいです。

去年1年間は寄贈本を1万冊ほど整理して
図書室にほぼひとりぼっち、本たちと向きあい、背表紙の番号を貼り続けました。
言葉にすると、簡単な感じになりますけど
なかなか根気とやる気のいる作業でした。

確かに、辛いときもありましたが(笑)
なぜか私に合っていた仕事だったようで
結果的に、とても楽しい1年でした。

本の山

背表紙の番号ってなにと思っているそこのあなた。
図書館に行ったとき、本が背表紙の番号順に並んでいませんか?
それです。

実はその番号、意味がある番号で
とっても奥が深いんです。話出したら長いので、「日本十進分類法」で調べてみてください。

司書 深田

ちなみに岐阜県の歴史は215.3、岐阜県の地理は291.53。

途中、図書館大会に参加したりして
かなり刺激をもらいました。

全国図書館大会への参加

今年度に入って、少しずつイベントとか
周知活動を行う予定でしたし、
月に1回だけ土日に図書室を解放することも決まっていましたが、
コロナの影響もあり、ゆっくりのスタートとなりました。

そして今月、初めて土日の開放ができるようになりました!!
図書室開放に合わせて、初イベントの開催が決まったというわけです。
何回も言いますが、本当に嬉しいです。感無量。

書いていたらかなりの長尺になってしまいました。
「はじめての図書室イベント②」は近日公開しますので、乞うご期待!