筑波大学に打ち合わせに行ってきました!

 

先日3月12日(火)に、学長と事務局長で筑波大学に行ってきました。

いつもお世話になっている、筑波大学大学院人間総合科学研究科 世界遺産専攻黒田研究室にお邪魔させて頂き、来年度から新たに取り組もうとしている地域インターンシップの内容や、受け入れ体制についての相談を行いました。

黒田先生の研究室では、白川村の他にもいくつかの地域で研究を行なっており、この日は石見銀山から、同じく世界遺産で学生の受け入れをしているNPO法人「緑と水の連絡会議」の和田さんが来てくださっていました。

和田さんがお話しされていた「緑と水の連絡会議」さんの活動内容はとても幅広く、私たちヒト大学の取り組みに通づる思いも感じながら、新たな挑戦の可能性についても学ばせてもらう時間となりました。

いつか、実際に石見銀山にも伺ってみたいと思います。

ローカルワーク編集合宿に参加してくれていた学生3人とも、学内で再会できました。

また、写真は無いのですが、この日の夜は、黒田先生の教え子であり春から白川村に引っ越してくる学生さんと、村でアーティストインレジデンス的な活動を行いたいという芸術系の学生さんも交えて、楽しい時間を過ごしました。

世界遺産専攻とは何か?アートとは何か?など、熱い話で盛り上がりました。

これから始まるインターンの取り組みが、地域の人にとっても、参加する学生にとっても、関わる全ての人にとって、実りのあるものになるよう努力したいと思います。

黒田先生、和田さん、まゆさん、速水さん、お忙しい中ありがとうございました!

関東にはもう春が来ていた。いいな・・・白川も早く暖かくなりますように!

黒田先生の研究室のブログ

筑波大学大学院 人間総合科学研究科 世界遺産専攻のHP

NPO法人緑と水の連絡会議ブログ