仲間が増えました!

 

この春、ヒト大学を運営する「一般社団法人ホワイエ」に新たなメンバーが加わりました。

筑波大学院を休学して、これから半年間、白川村で生活しながら共に働いてくれる、深田ふかだ茉由まゆさんです。

司書の資格を持っている彼女は、村で保管している歴史的文献・図書資料の整理や分類登録、長期的に管理を継続していくための情報の一元化、図書館を活用していくための体制づくり、システム構築、などを、主に取り組んでくれる予定です。

昨年度から調査研究のために度々村を訪れてくれていた彼女は、既にある程度 村のことを知っていて、地域の人との関係性もあり、これから行う仕事の内容についてもよく理解してくれているので、なんだか新入社員という感覚もなく。

早速、教育委員会の方々と今後の仕事内容や方向性についての打ち合わせを行いましたが、初日からものすごくしっかり仕事を進めてくれて、既にとても頼もしい、安心感のある存在になっています。

NBKの一室に、新たにヒト大学の事務所も構えさせて頂きました。

今まで2人きりだった会社に、新たな社員が1人増えるというのは、とてもインパクトのあることなのではないかと感じています。

3人体制になることで新たに挑戦できること、活動を広げられる領域が、いろいろ出てくると思うので、今年度も小さいながらに、自分たちが出来ることを積み重ねていきたいと思っております。

まゆさん、村での生活を始めるにあたり、直前に車の免許も取ってきてくれました。

バック駐車に苦戦。

柴原
平瀬地区の皆様、不安げな初心者マークの車を見かけましたら、どうぞ温かく見守ってください。
前盛
新体制になったホワイエも、引き続きどうぞよろしくお願いいたします!