“REVERB”を追う!vol.4〜感謝そしてラストスパート〜

みなさんこんにちは。八重山ヒト大学石垣キャンパスより橋爪千花はしづめちかです。

 

いよいよ今月となりました!

 

 

↓これまでの記事はこちら↓

vol.1〜高校生×大人の音楽イベント再始動!〜(2019.02.23)

vol.2〜イベント概要決定!〜(2019.05.15)

vol.3〜CFスタート!当日の出演者発表!〜(2019.05.31)

 

今回は実行委員会から皆さんへのお礼と、最近の実行委員会の動きをお届けします。

 

 

クラウドファンディング、目標金額達成!!!

 

 

なんと、目標金額の100万円を大きく上回り、140万円という支援を受けることができました。

友達や家族、先輩後輩、いつもお世話になっている方など、人から人へ「いいイベントになるといいね」「島の子どもたちが刺激的な時間を過ごせますように」「石垣島の音楽シーンを盛り上げよう」という思いがどんどん広がっていくのが強く実感できました。

クラウドファンディングに関して、一からアドバイスをくださった石垣市公営塾塾長の住吉優さんは「クラウドファンディングの本質はお金を得ることじゃない」とおっしゃっていました。クラウドファンディングを通して多くの方が REVERBというイベントと、それに関わる人々と繋がりファンになっていただけたのではないかと思います。

 

ご支援いただいたみなさま、本当にありがとうございました!

 

チケットの販売も開始しています!

そして、島内ではすでに前売りチケットの販売もスタートしています。チケット料金は下記の通り。

一般チケット 前売り¥2,500 / 当日¥3,000
高校生チケット 前売り¥800 / 当日¥1,000
中学生以下無料

チケット取扱店舗:タウンパルやまだ、TSUTAYA石垣店、トーセンド、シマノバ

 

参加予定の皆さん、もう既にチケットは手元にありますか?イベント会場ではチケットとリストバンドの交換があり、入り口で混雑が予想されます。また、前売りチケットがお得なので、ぜひお友達の分もご家族の分も早めにお買い求めください。

 

ミニライブで宣伝をしました。

また、高校生実行委員会は6月29日にコワーキングスペース&アーツギャラリー「シマノバ」にて開催されたシマノバマーケットにおいて、ミニライブに出演しReverb Festの宣伝をしました。

 

 

ステージに立ってくれたのは、当日出演はしませんがイベントの運営などを手伝いたいと自ら手を上げてくれ、高校生実行委員会をまとめてくれているナオキとミヅキ。MCもばっちりで、Reverb Fest の宣伝からの流れで披露したのはなんとReverb発起人の東里明斗さんの楽曲。とっても粋な計らいでした!

 

そんなナオキとミヅキの応援にと駆けつけた、「U.R」の雄大もReverb出演者として飛び入りでパフォーマンスを披露しました。

 

次回は7月14日のシマノバマーケットで再び高校生メンバーでReverb宣伝ミニライブを開催するそうです。

 

 

その他にも、高校生実行委員会だからこそできるプロモーションのアイディアを次から次へと考えてくれ、動き出してくれています。本番まで残り二週間、いよいよラストスパートです。

各種SNSなどで当日のお知らせや、実行委員会の動き、チケットの販売状況などをチェックできるので、皆さんフォローよろしくお願いします。

Reverb Fest Re:01

公式ホームページ
Facebook
Twitter
Instagram

 

Text by 橋爪 千花はしづめちか

Photo by REVERB実行委員会


 

この記事を書いた人
橋爪 千花 ( Hashizume Chika )
石垣市川平村出身。立命館アジア太平洋大学を卒業後、芸能プロダクションと地域コンサルタントの会社で経験を積んだ後に2017年8月より石垣島に拠点を移す。島内のイベント運営やカメラマン、ライターとして活動中。1991年6月生まれ。
トップへ