#おうち時間 を島のYouTuberと過ごすなんて、いかが?

みなさんこんにちは。大変お久しぶりになってしまいました・・・八重山ヒト大学石垣キャンパスより橋爪千花はしづめ ちか改め岩倉千花いわくら ちかです。(そこについては追々ご説明を。)

 

八重山ヒト大学の更新が少し止まっていた間に、いろんなことが起きました。そして今日も一分一秒変わっていく世界や国の動きに、一喜一憂している方も多いと思います。今年の流行語大賞になるんじゃないかと思ってしまうくらい毎日のように見る「外出自粛」の文字。今こうしてこの記事にたどり着いてくださった皆さんも、きっとここ数週間はいつもとは違う「日常」を過ごしているのではないでしょうか。

 

市町村や都道府県や国をも超えて、人類が皆平等に目に見えない恐怖や不安を感じながら暮らしている中で、八重山ヒト大学として出来ることは何だろうと毎日考えます。いろんな思いやアイディアも湧いて出てくる心中ですが、やっぱりまずやるべきはこの「八重山ヒト大学」で、読んでくれた方や情報をキャッチしてくれた方が「よし明日も頑張ろう」と思えるような、クスッとガハハッと笑ってくれるような、なるほど〜と考えてくれるような思いや情報をお届けすることかなと思っています。

 

ぜひ、皆さまの#おうち時間 を彩る一要素になれればいいなと。改めて、どうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、前置きが長くなりました!この度、皆さまにお知らせしたいことがあります!

 

なんと、なんとなんと、八重山ヒト大学からYouTuberが誕生しました〜!

 

この記事では、八重山ヒト大学石垣キャンパスのアクティブボーイたちによるYouTubeチャンネルをご紹介します。

 

その名も『島んチューブ』

・しか部どぅまんぎた学科あぎじゃびよい専攻 宇根 和孝うね かずなり(なりー)
・ポジティ部学部長 新嵩 用兵衛あらたけ ようへい(よっぺー)
の二人が立ち上げたYouTubeチャンネル『島んチューブ』

 

それぞれ観光業(よっぺー)と農家(なりー)をしながら、おやすみの時間を使って企画撮影、編集までもを自分たちで行なっているそうです。

 

気分は八重山探検隊!

そんな島んチューブ、一体どんなことを発信しているのか私の独断と偏見でピックアップした動画とともにご紹介しようと思います。

 

観光で楽しめるスポットの紹介

以外と地元民でも足を踏み入れたことがない人も多い、『具志堅用高記念館』の紹介回。
(島んチューブでは毎回可愛い女の子も撮影に協力してもらっているよう。よっぺーとなりーが羨ましい限りです。)

 

島の美味しい食事処の紹介

撮影日は朝から撮影をして、ランチも必ず撮影をするそう。観光で島を訪れる人も、地元の方も、ランチの参考にできる動画が見つかるかも。

 

島のおまつりやイベントの紹介

これは、2月に開催された黒島牛まつりの様子。動画で見るイベントに行った気分増し増しです。(ちなみに、この回はご覧の通り美女が3名も・・・)

 

地域の取り組みの紹介

私的ナンバーワンな動画は、こちらの名蔵軽トラ市の紹介回。とびっきりに元気で可愛いおばあ達の笑顔は、見てるこっちまで笑顔になっちゃいます。

 

イベントやお店だけじゃなく、時に島の文化も。島んチューブとその愉快な仲間たちがゆるく気ままに紹介してくれます。まるで、島で過ごすゆっくりとした時間がそのまま感じられる動画ばかりです。

二人が「島の魅了をYouTubeという次世代が集まる場所で繋いでいきたい」という思いでスタートしたこのチャンネルは、島出身の彼らだからこそ届くメッセージや情報がたくさん詰まっています。内地で頑張っている出身者の皆さんは、「あ〜八重山の方言を最近聞いてないな」と思ったら、ぜひ見て聞いてみてください(笑)。

 

 

最後に、島んチューブのお二人から八重山ヒト大学をご覧の皆さんにメッセージを頂いたので、そちらをお届けします。

島んチューブから、皆さんへ

宇根 和孝(なりー)より

ご覧の通り、美女と遊ぶ為だけにYouTubeしてます(笑)。ウネカズナリです。

高校まで島で育ち、東京、海外で生活していました。本当の本当は「生まれ島の事をもっと知りたい」その好奇心がきっかけでスタートしました。

僕らが勉強する過程を発信します。少しでも楽しんで頂けたら幸いです。

 

新嵩用兵衛(よっぺー)より

けーらんねーら くよーまなーら!

去年の4月に地元に帰ってきたよっぺーです。
なりーと同じで高校までは島で育ち、本島の大学へ、大学在学中に世界一周をしたことをきっかけに自分の地元の事を知らないことに気づき、YouTubeを通して、ゆる〜く、楽しく、地元を発掘しております!
どうか皆さん、温かい目で見守り下さい。

 

 

以上、島んチューブのご紹介でした。

みなさんの #おうち時間を『島んチューブ』がお届けする八重山の景色がさらに楽しいものになりますように!

この記事を書いた人
岩倉 千花 ( Iwakura Chika )
石垣市川平村出身。立命館アジア太平洋大学を卒業後、芸能プロダクションと地域コンサルタントの会社で経験を積んだ後に2017年8月より石垣島に拠点を移す。島内のイベント運営やカメラマン、ライターとして活動中。1991年6月生まれ。
トップへ